出張のお土産

Qi充電パッドと充電池

Qi充電パッドと充電池

出張のお土産は、Qiの充電パッドと対応充電池です。
Nexus7をこのQiの充電パッドで手軽に充電したかったのと、予備のモバイルバッテリーも1個買っておきました。

Panasonicの無接点充電パッド「QE-TM101」とPanasonicのUSBモバイル電源「QE-PL202」です。バッテリー容量は5400mAhです。日帰り出張であれば、Nexus7や手持ちの携帯くらいなら、かなりハードに使っても、十分予備電池として機能してくれるはずです。パッケージのうたい文句では、一応スマートフォンフル充電2回とのことですから。

QE-TM101のギミック

QE-TM101のギミック

充電パッドの方は、Qi対応の製品を置くと青色LEDの円に囲まれた充電用コイル部分がモータで駆動されて、充電対象の直下まで動いてくるギミックが興味深いです。ただちょっと、コイルの移動中は音が出ます。短い時間ですが、職場などで使うようなことがあれば気になるかもしれません。もちろん、家用です。実際に充電してみると、USB端子に直接ACアダプタから充電するよりは、充電時間が長く必要でした。夜寝る前とか機器を長時間使わないときに、充電しておくのが現実的な使い方のようです。

充電パッドと充電池

充電パッドと充電池

もっとも、USB端子にケーブルを挿さなくてもいいのは、とても手軽で充電のおっくうさがなくなります。
本命のNexus7も、カバーを装着したままで充電ができました。
これで充電するときUSBコネクタに、うまく端子を接続できなくてイラっとすることがなくなりますし、同時に2つまでの充電対象機器をパッドに載せておくことができるようですので、複数の充電対象機器があるときには、充電完了後ACアダプタアダプタを切り替えるという必要がなくなります。出張に行くときには、充電器を複数個準備するよりも、この充電パッドをひとつ鞄に入れ込んでおいた方が、充電作業そのものは楽になりそうです。充電完了を待って、次の充電対象機器に切り替えるなんて面倒ですから・・・だって、夜は細かなことを気にせず安眠したいですから。しかも、充電忘れなんかしちゃったら、翌日、すぐに困るし。
ただ、ほぼ確実に二つの充電対象機器を、翌朝までにミスなく充電できるかは、家で何度か検証しておいた方が良さそうなので、ここ数日で実験してみます。
どうもQi対応製品でも相性のようなものがあるとの話も聞きますから。

HDDを換装してみた・・・


DESKSTAR Coolspin 0S03361

DESKSTAR Coolspin 0S03361

シーゲートの2TBのHDDが時々、不調になっていました。アクセスに非常に時間がかかったり、場合によってはOSから認識されなかったり・・・。
以前もWDでもやたらディスクアクセスが低速になったりして、ずいぶん痛い目に遭っています。
HGSTの4TB

HGSTの4TB

日立製や東芝製のHDDへの信頼はかなりあるのですが、国内メーカーのHDDは入手しづらくなっていましたので、やむなくWDやシーゲートを使っていました。
ここ2週間くらいは、問題のHDDも順調に稼働しているように見えていたので、問題が顕在化しないうちに、新しいディスクへ換装することにしました。
今回のディスクはHGSTの4TBのものです。HGSTも紆余曲折をへて、WDからまた、国内メーカーに戻ってきているようです。製造はタイのようですけどね。とても、いいことです。
外箱

外箱

シーゲートのHDDも今のところ復調しているので残しておこうかとも考えたのですが、一旦不調に陥ると、OSの起動そのものが遅くなったり、あらゆる処理が低速になるので、すっぱりあきらめました。それに動いているうちしか、データを完全抹消できないし・・・。
という訳で、換装対象のシーゲートのデータを新しいHGSTのHDDにXCOPYして、シーゲートのディスクはTrueImageのツールから、データの完全抹消を行いました。結構時間がかかりましたが、致し方ありません。
もちろん物理的に接続したままでは、Windows7からは4TBのボリュームとしては認識されず2TBの壁に阻まれていますので、データコピーをする前に環境を作っておきました。2TB越えを実現するHGST GPT Disk Managerというツールをダウンロードします。
HGST GPT Disk Manager

HGST GPT Disk Manager

ツールをインストールして、HGST GPT Disk Managerを起動したら、まず左ペインの変換タブを選択し「ハードディスクをGPTに変換」を実行し、処理が完了したら、次はパーティショニングタブの「新しいパーテーションの作成とフォーマット」を実行します。
HGST GPT Disk Manager

HGST GPT Disk Manager

1分ほどで処理は完了し、4TBすべてが一つのボリュームとして利用できるようになりました。
2TBの壁があることは知っていましたが、2TBを超えるようなリッチなストレージを今まで利用したことがなかったので、今回が2TB越えの処理をするのははじめてでした。便利なツールのおかげであまり悩まずにすみました。
2TB越え

2TB越え


あとはエアダスターで筐体内のホコリもしっかり除去して掃除をしておいたし、CMOSのバックアップ用のボタン電池もついでに交換しておきました。
気分もディスクもさっぱりして、ちょっといい感じです。
新しいディスクは容量も増やしていますから、ここに音楽ファイルをFLACで取り直して入れる予定です。

いろいろ準備を始めた・・・

XBA-H3

XBA-H3

仕事があまりにも立て込んでいて、ほとんど家に帰れていない状況・・・。

だから我が社は住居手当がないのか・・・!と、何だか悟ってきた今日この頃です。
さて、そんな中で唯一の楽しみは、ソニーの自信作らしい新型Walkman「ZX1」がまもなく届くこと・・・とはいえ、発送は12月の初旬なんですが、それまでに一応必要物品を少しずつ準備中なのです。

PRF-NWH40

PRF-NWH40

まず、定番の液晶フィルム。純正品でOKですね。通販のソニーストアでは、何と売り切れでした・・・。プライバシーフィルターの方はまだ在庫があったんですが・・・。
なのでヨドバシカメラで購入。1280円なり。還元ポイント128ポイントらしい・・・。使えるチャンスあるのかなぁ。ただ、ゆうパックで送ってもらって送料無料というのが、親切。
あとは、カナル型ヘッドフォン「XBA-H3」。ソニーストアで視聴してみたところでは、今までのソニーのBAのイヤホンとはかなり傾向が違う感じだったので、買ってみました。
あと、タッチノイズがほとんどないのは好印象です。ケーブルが平らになったソニーのイヤホン使ったときは、タッチノイズのひどさに、3分でお蔵入りにした経験があります。Bluetooth接続のイヤホンの付属品だったので惜しくはなかったけど、これで我慢できる人がいるのか疑問ではありました。
リファレンスで持って行った、EX1000に比べても、高音においては上まで無理なく伸びていて透明感があり耳障りではなく、低音域もよく出ていて完成度が高いと感じました。ダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーの両方を搭載したソニー初のハイブリッド型イヤホンといううたい文句でしたが、確かにその効果は出ているようです。というか、相互にバランスがとれるようにうまくチューニングされていると感じました。
特筆すべきは過去のソニーのバランスドアーマチュア型ドライバーは、どこか音の広がり方が変なところがあったのですが、それが解消されています。自然な広がり方を感じます。
低音域や高音域と比べると、中音域がわずかに、引っ込んでいるかなと感じましたが、むしろ中音域を誇張しないバランスのチューニングが施されていると解釈しました。
ただし、装着を丁寧にやらないとかなり音の印象が変わる気がします。耳掛式のイヤホンですから、自分用に調整すれば安定して、装着はできると思いました。
いずれにしても、過去のソニーのカナル型イヤホンとしては、かなり好印象だったので、購入してみました。

XBA-H3 ハイレゾロゴ

XBA-H3 ハイレゾロゴ

一応、カナル型イヤホンではソニーが言うところの「史上最高音質」という位置づけらしいです。
それはさておき、XBA-H3は「ハイレゾ音源対応」を堂々うたったモデルで周波数特性は3-40,000Hzだとか・・・。いや、こんな高音、人間は聞こえるのかという突っ込みはさておき、つい、ものは試しと使ってみたくなるのは私の性格です。
早くハイレゾWalkmanのZX1と組み合わせて使ってみたいところです。
本命のZX1が到着し、XBA-H3を十分エージングした後に、両者の組み合わせで再評価してみるつもりです。

11月 24, 2013 追記
ハウジングがかなり大きいので、大きさを気にする人はちょっと考えた方がいいかもしれません。

悲報-円形脱毛

ER-GC70

ER-GC70

日頃の無理がダメージになってきたのか、ブラック企業勤務の宿命なのか・・・。円形脱毛を発症(気づいてから)して、早11ヶ月、かなり悪化した。
で、もうベリーショートにすることにしました。

という訳でバリカン買いました。付属のアタッチメントを付け替えながら、ダイアルで1mmから45mmまで、刈る長さを調整でるらしい。とはいえ、それなりに長く設定したら、逆に円形脱毛部分が目立つので一気に、細かいこと考えずに2mmに設定して刈りました。丸刈りなので簡単すぎ。左右の対称とかも考える必要もなし。
理髪店でやったらこんな作業でも、2000円以上ですが、短いとかえって、こまめに刈らないとカッコ悪いので・・・いや円形脱毛で、既にみっともないんですが・・・これなら、週1くらいのペースで刈ってもお財布に影響はありませんし、時間も節約できます。ブラック企業すぎて、給料は安いし理髪店に行く時間も、おいそれとれないし。激安の床屋ってのは見たことあるけど、深夜営業の床屋なんて見たことないもんね。

ちなみに理髪店料金の3回分少々で購入。
本体は水洗いできて、後の処理も簡単でした。乾燥後は、付属のオイルを注油しておくだけ。髪の毛の処分はちょっと悩んだけど、次回以降は、刈った髪の毛もほとんど出くなるので、今回だけの悩みだな・・・。

マジ、転職考えようかな。ちなみに、周りにゃ、療休・休職・退職いっぱいいる・・・。

Sonyのヘッドフォン「MDR-1RBT」がハイレゾ対応製品だった件・・・

MDR-1RBT

MDR-1RBT

愛用のソニーヘッドフォン「MDR-1RBT」は、最近のソニーのヘッドフォンとしては、結構いい感じのヒットだと、自分としては満足していました。MDR-1RをBluetooth化したもので、ワイヤレスのヘッドフォンとしても十分満足できるものです。もちろん有線接続も可能ですので、Bluetooth接続での音質が気になるならケーブルをつなぐだけです。もっとも、ケーブルの取り回しが気にならない利点は、思いのほかに大きくワイヤレス接続のヘッドフォンも、リラックスして音楽を聴きたいときはいいものだなと感じている訳です。

MDR-1RBTハイレゾ対応

MDR-1RBTハイレゾ対応

さて、そんな「MDR-1RBT」なのですが、Sonyがハイレゾ推しをはじめてから、すぐに後継機が出てきました。「MDR-R1MK2」シリーズです。ワイヤレスタイプの「MDR-1RBTMK2」もあります。姉妹機として「MDR-10R」という廉価版のヘッドフォンも出ています。
で、悔しいのはこれらの製品が「ハイレゾ対応」製品と銘打たれていることでした・・・。
ハイレゾ対応のウォークマンを狙っている私としては、新製品のハイレゾ対応ロゴを見て結構しょんぼりとしたものです。

ところが、今日、ソニーストアのサイトを見てみると、何と旧モデルの「MDR-1RBT」にもハイレゾ対応ロゴがついているじゃありませんか。
ちょっと嬉しくなった今日この頃なのでした。

Sony Reader PRS-T3S/BC 購入

ソニーの電子ブックリーダー「PRS-T3S」を購入しました。ソニーストアで純正の照明付きカバーも同時購入です。 早々に届いていたのですが、台風26号のために職場に詰めいていたり、それで疲れたりして、本日ようやく開封です。

Reader本体外箱

Reader本体外箱

外箱ごと持ってもとても軽いです。カタログスペックでは本体重量が160gとのことですから、軽いのも当然です。電子書籍リーダーの中では最軽量かつ小型でしょう。

 

 

付属品

Reader同梱物

Reader同梱物

製品に同梱されているものは、

    • Reader本体
    • USBケーブル(MiniB)
    • クイックスタートガイド
    • 本を購入する・読むガイド
    • 安全のために
    • 保証書

です。

初期設定

設定完了

設定完了

初期設定は附属のUSBケーブルで、Reader本体を起動中のPCに接続して行います。PCと接続すると自動的にReaderの電源が入り、時刻設定画面になります。 設定して「OK」ボタンを押すと、しばらくして日時が本体に記憶されます。母艦のPCから自動で取得するとか、ネットから取得するとかの機能はないようです。 ReaderのCPUもそれほど高速ではないため、この程度の設定でも完了するまでちょっとタイムラグがあります。

充電

電源ランプ

電源ランプ

USB接続されている間は、同時に充電されています。赤色LEDが本体下部にあり、そのインジケーターが点灯することで充電状態が分かります。

 

 

 

 

母艦と接続させる

PCと接続

PCと接続

時刻設定が完了すると、いよいよ母艦との接続認識作業です。母艦と接続させるには、Reader側で「はい」ボタンを押下して接続します。時刻合わせは、初回起動の一度だけですから、次からはPCと接続すると、すぐにこの接続可否の画面が表示されるようになります。

認識完了画面

認識完了画面

コンテンツ

コンテンツ

 

 

接続完了後は、起動したReaderのコンテンツが表示されます。数冊の試供版などが入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンテンツ管理ソフトウェア(eBook Transfer for Reader)のインストール

Reader内のパーテーション

Reader内のパーテーション

母艦のPCとの接続が完了すると、ReaderはPCからは二つのドライブのように見えます。書籍などのコンテンツデータを格納する「Reader」とPC用のソフトウェアが格納されている「SETUP」の二つの領域です。それぞれに、1.21GBと9.96MBでした。本体全体のストレージ容量は2GBで、microSDを増設できます。私は、Readerのコンテンツは現時点で全く持っていないので、SDは増設していません。

セットアッププログラムを起動する

プログラムを起動

プログラムを起動

SETUPドライブ内の「Setup eBook Transfer.exe」をダブルクリックして、母艦用のソフトウェアをインストールします。

セットアップスプラッシュ画面

セットアップスプラッシュ画面

 

 

シンプルなスプラッシュ画面が開きます。ソフトウェアの名前は・・・長い。

セットアップ進捗画面

セットアップ進捗画面 進捗中・・・。

母艦側ソフトの起動画面

母艦側ソフトの起動画面

 

 

 

 

進捗中・・・。PC側の作業なので、ほとんど時間はかかりません。

 

 

 

母艦側ソフト(eBook Transfer for Reader)の起動

母艦側のソフトのインストールが終わったら、Readerの製品登録を行います。Reader Storeを利用してコンテンツを購入したり、購入したコンテンツをReader本体に転送、管理するためのソフトウェアです。この時点で、「マイ・ソニー・クラブ」に登録していなければ、画面の指示に従って登録します。このとき登録したメールアドレスとパスワードはReader StoreのログインIDとパスワードになるので、忘れないように記録しておきます。

機器認証画面2

機器認証画面2

    製品登録と機器認証

機器認証画面

機器認証画面

登録が完了したら、ブラウザは閉じずにeBook Transfer for Reader画面に戻り、「製品登録」ボタンを押下して、製品登録を行います。 続いて、ブラウザ画面の「Reader Storeの機器認証」を実行します。 機器認証が終わったら、もう一度eBook Transfer for Readerの画面に戻って、完了ボタンをクリックします。

機器認証画面1

機器認証画面1

    カバーの取り付け

カバー

カバー

カバー同梱物

カバー同梱物

カバーにはカバー本体と簡単な取り付け説明書と保証書が入っていました。

カバー本体

カバー本体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カバー本体です。照明用の電源をReader本体から取得するための端子が見えます。

純正のカバー取り外し

純正のカバー取り外し

 

 

 

 

 

カバーを取り付けるために、Reader本体の純正のリアカバーを取り外します。本体裏面中央には増設用のmicoroSDのスロットが見えます。 筐体本体はリアカバーを含めてマットな質感になっています。色もつや消しです。他に赤や白のカラバリがあるのですが、それらの質感は不明です。店頭に並んだら見てみたいですね。

取り付け後裏面

取り付け後裏面

 

本体リアカバーを外しての取り付けなので、Readerの薄くて軽いという特長を全くスポイルしていません。純正オプションカバーの出来は大変に秀逸です。

純正カバー表面

取り付け後表面

 

 

 

左側のカバーを本体にかぶせると、自動で電源が切れてスリープ状態になります。 開けば自動的に画面が点灯します。

照明用LED

照明用LED

 

 

 

 

照明用のLEDランプを引き出したところです。引き出すと自動で点灯し、ほんの少しでも戻すと消灯します。格納時はリアカバーにピッタリと収まっていて、本体の持ちやすさには全く影響がありません。

フロントライト点灯

フロントライト点灯

 

 

 

 照明用ライトを点灯したところです。画面をまんべんなく照らすという点では若干、AmazonのPaperWhiteに及ばない気もしますが、実用上問題ありません。でも、明るいところで読んだ方が目にはいいでしょうね。 フロントライト方式にしなかったのは本体の薄さを追求したせいかもしれませんね・・・。照明が必要なら、LED付きの純正カバーは必須です。

 

 文字表示は…

文字表示1

文字表示1

試供で入っていた「カイジ」の一部。 おなじみの「ざわざわ・・・」が。

文字表示2

文字表示2

非常にくっきりと見えます。活字と遜色ないレベルです。 ただしページめくりの時に一瞬、画面がちらつくのは電子ペーパーでは致し方ないところです。ほんの一瞬なので、あまり気にはなりません。

Nexus7でテザリング

Nexus7でテザリング

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクサス7でテザリリングして、コンテンツ購入の準備をします。

Wifiの設定をする

Wifi設定画面

Wifi設定画面

アクセスポイントを指定して、暗号化キーを入力すれば、簡単にWifi接続の設定は完了します。

ファームウェアアップデート

ファームウェアアップデート

ネット環境に接続できれば、ファームウェアのアップデートも可能です。現在のところ、新しいファームウェアは出ていないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけについていたコンテンツ購入用の電子図書券

図書券1

図書券1

1000円分の電子図書券が同梱されていました。 あと、ソニーポイントが製品登録と同時に500ポイント(500円分)付与されましたので、1500円分のコンテンツを購入可能です。 jいつは、携帯のXperiaの懸賞で2回ほど500円分の電子図書券が当たっていたのですが、それらは登録期限切れでした。忘れていたんです…。残念。

電子図書券3

電子図書券3

 

 

 

 

 

 

購入したコンテンツ1冊目は、「脳男」でした。

 

 

 

 

 

カラバリで黒・白・赤があります。 カバーも純正色で、黒・白・赤があります。