StreamingServerを作る -Ampache編-

ampache_main

ampache_main

Google Musicは、何気によさそうなサービスなのに日本では使えない・・・。アプリまできっちり日本語版がそろっているのに、正式なサービスの提供がありません。少なくとも日本で作成した自分のアカウントで運用することは現状では困難なようです。
ならば「自分で似たようなことやっちゃえばいいんじゃね?」ということで、KanaStreamingServerを作成することにしてみました。

ネットに置いた楽曲を、ストリーミングでNexus7等から聴くことを目標にします。
おおむね次のような条件を満たすことを目指します。

  • Webインターフェースを持っている。
  • Andoroidのアプリでも聴ける。
  • サーバーサイドで動き、手持ちのVPSサーバーかレンタルサーバーで稼働する。

このあたりを軸にして、しらべてみると次のものが要件を満たしつつメジャーであることがわかりました。

Subsonicは見た感じ大変お手軽そうで、しかもカッコよさげなのでしたが、30日間の試用後はライセンス料金が発生するので対象外としました。

ということで、AmpacheでいくかFireFly(これはmt-daapの名前を変えたものらしい)で作成するか検討し、とりあえず両方作ってみることにしました。

Ampacheの方から作ってみます。

まずGitHubからダウンロードして、得られた「ampache-master.zip」を解凍します。
これをFTPで、サーバーにアップロードします。ampacheをアップロードする「ampache」という名前のディレクトリをWebルート以下に作成ました。稼働させるサーバーにはLAMP環境が必要です。これで、ampacheにアクセスするときは「http://mysiteurl/ampache/」で閲覧できます。

ampache

ampache

アップロードが完了したら、ディレクトリのパーミッションを適切に設定しておきます。
そして、http://mysiteurl/ampache/にWebブラウザからアクセスします。
「Required」と書かれたところが、すべて OK と表示されないとインストールを完結できません。NG と表示されている場合は、その箇所に関して問題がないか確認する必要があります。
1度目の実行ではconfigディレクトリ以下のファイルには書き込みできるようパーミッション設定が必要だと警告を受けました。インストール画面の上の方を見るとちゃんと書いてありましたから、面倒がらずに読んだ方が良かったですね。

create_database

create_database

次に「ampache.cfg.php」の作成になります。
左図のような画面が表示されるので、

  • データベース名
  • MySQLのユーザ名
  • パスワード

を入力して「コンフィグの書き込み」をクリックします。
設定した内容でデータベースへのアクセスが成功した場合、ampache.cfg.phpファイルがサーバーのconfigディレクトリ内に作成されます。

config_checking

config_checking

「コンフィグのチェック」をクリックして、「OK」となればインストールは完了です。
次に、ampacheの管理者用アカウントを作成します。

create_ampache_users

create_ampache_users

左図の画面で、adminに対するパスワードを決定します。また、管理者ユーザーは後から追加することも可能です。adminはデフォルトで作成される管理者ユーザー名なので、後から別のユーザー名で管理者を作ってamdinは削除した方が安全です。

インストールそのものは、以上で完了です。あとはampacheに楽曲の追加をします。ampacheでは曲を登録することを「カタログの追加」と呼んでいるようです。

管理者ユーザでログインしたら、左ペインのメニューから[管理者]>[カタログを追加]を選択します。

add_musics

add_musics

カタログ名は適当な名前を決定して入力します。
パス名には、楽曲データを置いているパスを指定しておきます。WEBルート以下のディレクトリでは、直接アクセスしてダウンロードが可能になってしまいますから、WEBから直接アクセスできないディレクトリにデータを置いておかなければなりません。たとえば/opt/music/mp3などとしておきます。

必要な項目をすべて入力したら[カタログの追加]をクリックするとampacheが楽曲データを探索して登録が完了します。
曲を登録し終わったら、左ペインのメニューから[ホーム]>[曲タイトル]をクリックし、再生して確認してみます。無事に再生できればampacheのインストールはOKです。

とりあえずストリーミングで、カナやんも思い存分聞くことができます。が、これを外出先のタブレットで聴くのが本命なので、もう少し準備をしなければなりません。
このあたりは次のアーティクルで。

Walkman ZX1 来た

Walkman ZX1

Walkman ZX1

昨夜は職場の前の部署の、ちょっと早い忘年会第一弾でした。で、深夜に電車もなくなり、タクシーも拾えず、徒歩にて1時間半かけて帰宅・・・。
そしたら、玄関にSonyStoreから、ZX1が届いていました。今日が、発売日だったんですね。家族が受け取ってくれていて良かった・・・Wink

Walkman ZX1 仕様

Walkman ZX1 仕様

嬉しくてすぐにも開封したいところでしたが、あまりの寒さに風呂に入り、とりあえず眠りました。
それで、先ほど漸くZX1を開封。梱包からして箱入り娘です・・・。
ソニーのハイレゾ対応シリーズDAPの旗艦ですから、パッケージも若干気負っているのでしょうか。

Hi-Res対応

Hi-Res対応

さて、早速試聴してみると・・・。
まず、カナル型イヤホンXBA-H3との組み合わせはGoodです!ハイレゾ音源は感動ものです。聴いてみないとこの感覚は分かりません。近くにソニーストアがあったら是非、試聴してみてほしいです。Smile

ハイレゾ以外のmp3音源もF805と比較しても、明らかに音質が向上しています。電源周りの強化をしているようですし、確かにその効果が現れていると感じます。F880シリーズを試聴したときも音の良さに感動しましたが、そのときの衝撃と比較しても、明らかにZX1の音には力強さと明瞭さを感じることができます。
楽曲によっては、クリアフェーズをオンにするとさらに良くなりました。これはあまり効果を感じなかった楽曲もあるので、しばらくは切り替えながら試行錯誤してみます。

次にMDR-1RBTで聴いて見ました。
まず、ワイヤード接続で・・・。個人的にはこちらの方がXBA-H3よりもリラックスして聴けます。

次はBTで接続してみました。BGM代わりならBT接続で十分でした・・・。

ヘッドフォンと比較してみると、XBA-H3はもう少し装着するとき耳になじむように使い込まないといけないかな・・・という感じです。ハウジングが大きいので、安定して装着するには自分の場合慣れが必要だと結論づけています。まあ、ZX1が到着するまで、あまり出番がなかったので、これから使い込んでいくことにします。

それにしてもDAPの音で久しぶりに感動しました。これはソニーさん本気です。

ZX1購入を機に楽曲管理もX-アプリからMediaGoに移行していますので、手持ちのCDはFlacで取り直しているところです。

ハイレゾ音源にここまでアドバンテージがあるとmoraで早く、ハイレゾ音源の提供を広げて欲しいですね。切に願います。
ただ、外で聴くには環境騒音が結構あるので、従来のF805とノイズキャンセルで相変わらず出かけてしまいそうですけどね。ある程度静かな環境じゃないと、ZX1の真価は発揮できない・・・。

ZX1 XBA-H3 液晶保護シート

ZX1 XBA-H3 液晶保護シート

ZX1の付属品一式

ZX1の付属品一式

おまけについていたケースは、結構使いやすいです。もちろん、ZX1本体は箱から取り出してすぐに、お約束の液晶保護シートを貼る儀式を行いました。Hi-Res対応製品を表すシールを剥がさないと、液晶保護シートが貼れませんから、まずそこから・・・。

5:54:28 PM 補足
バッテリーはかなり早めに消耗します。モバイルバッテリー「QE-PL202」を購入していましたので、ちょうど良かったです。

11:23:39 PM 補足
こんなに、明瞭に音が聞こえるなんて感動。聴けば聴くほど惚れました。アンプなしのこれ1台で、ここまで鳴ってくれるのは最高。
NW-ZX1で聴くカナやんも最高だしね。

出張のお土産

Qi充電パッドと充電池

Qi充電パッドと充電池

出張のお土産は、Qiの充電パッドと対応充電池です。
Nexus7をこのQiの充電パッドで手軽に充電したかったのと、予備のモバイルバッテリーも1個買っておきました。

Panasonicの無接点充電パッド「QE-TM101」とPanasonicのUSBモバイル電源「QE-PL202」です。バッテリー容量は5400mAhです。日帰り出張であれば、Nexus7や手持ちの携帯くらいなら、かなりハードに使っても、十分予備電池として機能してくれるはずです。パッケージのうたい文句では、一応スマートフォンフル充電2回とのことですから。

QE-TM101のギミック

QE-TM101のギミック

充電パッドの方は、Qi対応の製品を置くと青色LEDの円に囲まれた充電用コイル部分がモータで駆動されて、充電対象の直下まで動いてくるギミックが興味深いです。ただちょっと、コイルの移動中は音が出ます。短い時間ですが、職場などで使うようなことがあれば気になるかもしれません。もちろん、家用です。実際に充電してみると、USB端子に直接ACアダプタから充電するよりは、充電時間が長く必要でした。夜寝る前とか機器を長時間使わないときに、充電しておくのが現実的な使い方のようです。

充電パッドと充電池

充電パッドと充電池

もっとも、USB端子にケーブルを挿さなくてもいいのは、とても手軽で充電のおっくうさがなくなります。
本命のNexus7も、カバーを装着したままで充電ができました。
これで充電するときUSBコネクタに、うまく端子を接続できなくてイラっとすることがなくなりますし、同時に2つまでの充電対象機器をパッドに載せておくことができるようですので、複数の充電対象機器があるときには、充電完了後ACアダプタアダプタを切り替えるという必要がなくなります。出張に行くときには、充電器を複数個準備するよりも、この充電パッドをひとつ鞄に入れ込んでおいた方が、充電作業そのものは楽になりそうです。充電完了を待って、次の充電対象機器に切り替えるなんて面倒ですから・・・だって、夜は細かなことを気にせず安眠したいですから。しかも、充電忘れなんかしちゃったら、翌日、すぐに困るし。
ただ、ほぼ確実に二つの充電対象機器を、翌朝までにミスなく充電できるかは、家で何度か検証しておいた方が良さそうなので、ここ数日で実験してみます。
どうもQi対応製品でも相性のようなものがあるとの話も聞きますから。

長い出張に行ってきました

東京・横浜方面への長い出張に出かけました・・・。滞在1日目に夜景の写真を撮った以外、ほとんど出先に缶詰でしたので、中華街の食事を楽しめたのも一夜限り・・・。しかも、初日の夜、深夜1時過ぎにかなり大きな地震があって、その後は眠れず、翌日は寝不足だったし・・・。残念です。

YOKOHAMA NIGHT

YOKOHAMA NIGHT