Walkman ZX1 来た

Walkman ZX1

Walkman ZX1

昨夜は職場の前の部署の、ちょっと早い忘年会第一弾でした。で、深夜に電車もなくなり、タクシーも拾えず、徒歩にて1時間半かけて帰宅・・・。
そしたら、玄関にSonyStoreから、ZX1が届いていました。今日が、発売日だったんですね。家族が受け取ってくれていて良かった・・・Wink

Walkman ZX1 仕様

Walkman ZX1 仕様

嬉しくてすぐにも開封したいところでしたが、あまりの寒さに風呂に入り、とりあえず眠りました。
それで、先ほど漸くZX1を開封。梱包からして箱入り娘です・・・。
ソニーのハイレゾ対応シリーズDAPの旗艦ですから、パッケージも若干気負っているのでしょうか。

Hi-Res対応

Hi-Res対応

さて、早速試聴してみると・・・。
まず、カナル型イヤホンXBA-H3との組み合わせはGoodです!ハイレゾ音源は感動ものです。聴いてみないとこの感覚は分かりません。近くにソニーストアがあったら是非、試聴してみてほしいです。Smile

ハイレゾ以外のmp3音源もF805と比較しても、明らかに音質が向上しています。電源周りの強化をしているようですし、確かにその効果が現れていると感じます。F880シリーズを試聴したときも音の良さに感動しましたが、そのときの衝撃と比較しても、明らかにZX1の音には力強さと明瞭さを感じることができます。
楽曲によっては、クリアフェーズをオンにするとさらに良くなりました。これはあまり効果を感じなかった楽曲もあるので、しばらくは切り替えながら試行錯誤してみます。

次にMDR-1RBTで聴いて見ました。
まず、ワイヤード接続で・・・。個人的にはこちらの方がXBA-H3よりもリラックスして聴けます。

次はBTで接続してみました。BGM代わりならBT接続で十分でした・・・。

ヘッドフォンと比較してみると、XBA-H3はもう少し装着するとき耳になじむように使い込まないといけないかな・・・という感じです。ハウジングが大きいので、安定して装着するには自分の場合慣れが必要だと結論づけています。まあ、ZX1が到着するまで、あまり出番がなかったので、これから使い込んでいくことにします。

それにしてもDAPの音で久しぶりに感動しました。これはソニーさん本気です。

ZX1購入を機に楽曲管理もX-アプリからMediaGoに移行していますので、手持ちのCDはFlacで取り直しているところです。

ハイレゾ音源にここまでアドバンテージがあるとmoraで早く、ハイレゾ音源の提供を広げて欲しいですね。切に願います。
ただ、外で聴くには環境騒音が結構あるので、従来のF805とノイズキャンセルで相変わらず出かけてしまいそうですけどね。ある程度静かな環境じゃないと、ZX1の真価は発揮できない・・・。

ZX1 XBA-H3 液晶保護シート

ZX1 XBA-H3 液晶保護シート

ZX1の付属品一式

ZX1の付属品一式

おまけについていたケースは、結構使いやすいです。もちろん、ZX1本体は箱から取り出してすぐに、お約束の液晶保護シートを貼る儀式を行いました。Hi-Res対応製品を表すシールを剥がさないと、液晶保護シートが貼れませんから、まずそこから・・・。

5:54:28 PM 補足
バッテリーはかなり早めに消耗します。モバイルバッテリー「QE-PL202」を購入していましたので、ちょうど良かったです。

11:23:39 PM 補足
こんなに、明瞭に音が聞こえるなんて感動。聴けば聴くほど惚れました。アンプなしのこれ1台で、ここまで鳴ってくれるのは最高。
NW-ZX1で聴くカナやんも最高だしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です