デスクトップを更新

久しぶりに自宅のPCを起動したのですが、起動できず何度も再起動を延々と繰り返したり途中でブルースクリーンで落ちたり・・・。電源を抜いて、CMOSクリアしてしばらく放置しておくと運よく起動できることもある状態におちいりました。

以前の帰国時も似たような状況になったことがあり、そのときは分解してCPUグリスを塗り直して回復していました。グリスがかなり劣化していたのが見て取れました。今回もオーバーホールかな、と覚悟していましたが、すでに実戦投入してから4から5年は経過しているPCなので、この際、更新することにしました。突然PCが落ちて、データを失うというのに嫌気がさしたというのが正直なところですし、クラッシュの原因を切り分けて究明していくのも正直、面倒です。

PCパーツ類の外装

PCパーツ類の外装

帰国後まだ自分の荷物の整理もできていない状況なので、サクッとBTOで注文しました。起動できないときは全くもってだめなのですが、いったん起動すれば、その後は結構安定動作してくれているので、古いPCが稼働できているうちに、念のために必要なデータとかはクラウドやら何やらに待避しておきたいし、メールも仕事のオフタイムとはいえ、相変わらずな容赦ない勢いで入電してくるので、メール確認のタイムラグを極力少なくして、新PCに移行したいところです。送付されてきた箱は、じつに巨大でした。いや、まあミドルタワーなケースを選択したので覚悟はしていましたが、それでもケースの容積の倍以上のサイズの段ボールが届いたときにはちょっと驚きました。クロネコヤマト運輸さん、重いのにどうもありがとうございます。

箱を開梱してみたところ納得です。組み込んだパーツの外装箱がほぼ一式、同梱されていました。BTOでPCを購入すると、こういう流儀なんですね・・・。電源とかの外装箱は入っていなかったので、同梱して送付する基準は不明です。完成したPCそのものは、PCケースの外装箱に納めてありました。

適当にスペックを選んで注文したので、一応こんな感じ。

マザーボード

マザーボード

グラフィックボード

グラフィックボード

SSD

SSD

ケースファン

ケースファン

P100 ケース

P100 ケース

感想は、旧PCのケースがAntecのNineHundredだったので結構うるさかったのですが、新機は「めっちゃ静か!」というのが第一印象。OSはWindows10 Proをインストールしてもらいました。Win7を自力でインストールしてから、さらに10へアップグレードするのが面倒くさかったという、なんとも無気力な理由からですが・・・OS代金は余分にかかった・・・。
後は、データの移行とかをして、メインPCの座についてもらうことにします。
日本にしばらくは、いられる前提で環境を整えていますので、よろしくお願いしますね、人事の皆様・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です