Windows10アップデート後にLet’s Note CF-AX2のBluetoothドライバが動作しない件を解決する

Bluetoothドライバダウンロードページ

Bluetoothドライバダウンロードページ

CF-AX2のWindows10へのアップグレードはあっけないほど簡単に終了し、ほとんど問題なく動作しています。が、若干気になるところもありました。その1点目は、Bluetoothが動作しないことと、サウンドが微妙に途切れる感じがするときがあることとです。
この件は、Bruetooth接続している外付けのスピーカーから音が出ないことで気づきました。コントロールパネルからシステムの状況を確認すると、確かにBluetoothの項目に「!」マークがついています。
この解決策としてとった方法は「Bluetoothのドライバを当て直す」です。
Panasonicのサイトから、CF-AX2用Bluetoothのドライバ「Bluetooth control component」をダウンロードして、再インストールします。ドライバもアップグレードの時に引き継がれているのではないかと思うのですが、うまくいかなかったのでしょうか。
これでだめなら、Windows10に対応した新しいドライバを探すしかありません。
が、再インストール後にコントロールパネルを確認するとBluetoothの項目の「!」は消えており、Bluetooth機器との通信ができるようになっていました。
元々インストールされていたBluetooth関係のユーティリティソフトは全く問題なく動作しています。

しばらくらく動作確認しつつ観察していましたが、なんとなくサウンドの再生が途切れる感じがするときがありました。通知音や警告音が微妙に最後まで再生されないような感じの時があります。当初は、Bruetoothの問題が完全に解決していないのかと思い、別のドライバを探し始めていましたが、本体内蔵のスピーカーでも同じ現象が再現するので、サウンドドライバの問題ではないかと、考えを改めました。
こちらの対策は、別途考えることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です